關於我們

木川簡介

創辦人莊木川與其親友於1967年投入泵浦生產,最初除生產無棉紗泵浦外也從事鑄造事業。自「木川泵浦」品牌成立以來木川工業便全力滿足市場對泵浦的期待,多年來以「品質」、「信譽」、「責任」為首要經營宗旨,並以專業設計與生產最好的水泵,更特別在家用泵浦領域積極耕耘,希望每個使用者都能有最好的用水體驗。在台灣,完善的售後服務與維修系統,為木川工業所有產品,無論是抽水泵浦、加壓泵浦、循環泵浦還是各種電子式、變頻式加壓泵浦等,都提供完善且即時的照顧。

1996年木川工業在桃園擴廠後網羅了專業人員,並成立了獨立的品質管理與生產技術部門,更加提升了台灣水泵的品質與可靠度。除了採取少樣多量的設計方針,以生產出設計成熟、品質優良且一致的水泵外,木川工業也妥善運用不同生產單元來滿足各種客製化的需求。

自1982年開始拓展外銷業務後,木川工業也一直使用「Kikawa Pump」的品牌名稱。產品可見於中國、印度、東南亞、北美、南美、與歐洲各國。目前產品有10%外銷國際,未來隨著產能的持續提升,外銷的比例也會逐步增加。

木川工業現在也致力於推動各項永續經營政策,包括更有效率的生產與節能的產品,各項水資源保護與再生能源的建設,也在積極實施中。畢竟,如果高品質的水源不在,再好的產品也沒辦法讓使用者獲得最好的用水體驗了。


木川工業株式会社は1967年に国内ポンプ製造会社として創立してから、 台湾で一流の水ポンプの設計と製造のリーダーと認められてきた。
会社ブランドの設立からは、ポンプ市場において木川ポンプは.期待を超えてきた。
特に、利用者へ最高の水を供給する国内ポンプの発展を重視している。 約50年の専門的な経歴から、よりよい水ポンプの発展で”品質・信頼・責任”は木木川工業へ信念している.

桃園の設備拡大後の1996年、木川工業は台湾のポンプを次のレベルへ引き上げようと、独立した品質と組立技術の部門を設置すると共に技術者を雇った。
1982年の木川工業の最初の輸出取引から、 中国やインド、東南アジア、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパで木川工業は利用されている。
木川工業は、環境に配慮した製品のためのより生産的な製造工程を組むことを含めより持続可能な解決策を追及している。
結局は、水の利用という最高の経験を作り出すことは私たちにとって重要なことである。 しかし、その経験は高品質の水なしには叶いません。